よくある反論

労働時間ではない

仙台の弁護士による残業代請求の無料法律相談 弁護士法人仙台駅前法律事務所 よくある反論 労働時間ではない

使用者側の反論としては、労働時間を争うというのが一般的でしょう。つまり、労働者側が主張している労働時間のうち、一定の時間は実労働時間に該当しないという反論をしてくるということです。

固定残業代として残業代は既払

仙台の弁護士による残業代請求の無料法律相談 弁護士法人仙台駅前法律事務所 よくある反論 固定残業代として残業代は既払

未払い残業代請求における使用者側からの反論で最も多いものは、「固定残業代(定額残業代・みなし残業代)」の反論かもしれません。固定残業代とは、基本給または営業手当等に一定時間分の残業代が含まれているという賃金支払い方法のことです。

「各種手当」の支給で残業代を支払っている

仙台の弁護士による残業代請求の無料法律相談 弁護士法人仙台駅前法律事務所 よくある反論 固定残業代として残業代は既払

未払い残業代請求における使用者側からの反論で最も多いものは、「固定残業代(定額残業代・みなし残業代)」の反論かもしれません。固定残業代とは、基本給または営業手当等に一定時間分の残業代が含まれているという賃金支払い方法のことです。

管理職(管理監督者)のため支給外

仙台の弁護士による残業代請求の無料法律相談 弁護士法人仙台駅前法律事務所 よくある反論 管理職(管理監督者)のため支給外

労働基準法41条2号は、「監督又は管理の地位にある者」については、労働時間の規制が適用されないとしています。つまり、時間外労働をしたとしても、割増賃金が支払われないということです。「管理監督者」と呼ばれています。

変形労働時間制

仙台の弁護士による残業代請求の無料法律相談 弁護士法人仙台駅前法律事務所 よくある反論 変形労働時間

変形労働時間制とは、例えば、一定の期間においては、1週間の平均労働時間が40時間を超えなければ法定労働時間を超える時間外労働をさせることができるという制度です。この場合、その変形期間内については、時間外労働をしたとしても、残業代が発生しません。