よくある反論

固定残業代として残業代は既払
(「各種手当」の支給で残業代を支払っている)

固定残業制に関する会社の反論

仙台の弁護士による残業代請求の無料法律相談 弁護士法人仙台駅前法律事務所 固定残業制に関する会社の反論

未払い残業代請求における使用者側からの反論で最も多いものは、「固定残業代(定額残業代・みなし残業代)」の反論かもしれません。固定残業代とは、基本給または営業手当等に一定時間分の残業代が含まれているという賃金支払い方法のことです。

使用者側からは、固定残業としてすでに一定時間分の残業代は支払っているから、すでに支払い済みである、または、その分を超える部分以外は支払う必要はないという反論がなされることになります。

仙台の弁護士による残業代請求の無料法律相談 弁護士法人仙台駅前法律事務所 固定残業制に関する会社の反論

ただし、固定残業代制度が有効なものであったとしても、固定残業代で定められた一定時間分を超える部分についての残業代を請求することは可能です。

また、固定残業代について、何らの労働契約・個別の合意や就業規則の規定もなく、就業規則があったとしても周知されていない場合や、通常労働の賃金部分と固定残業代部分とが区別されていない場合には、固定残業代制度の有効性そのものを争うことになります。

詳細は弁護士にご相談いただければと思います。