よくある反論

管理職(管理監督者)のため支給外

管理監督者に関する会社の反論

仙台の弁護士による残業代請求の無料法律相談 弁護士法人仙台駅前法律事務所 固定残業制に関する会社の反論

労働基準法41条2号は、「監督又は管理の地位にある者」については、労働時間の規制が適用されないとしています。つまり、時間外労働をしたとしても、割増賃金が支払われないということです。「管理監督者」と呼ばれています。

未払い残業代請求における使用者の反論として、この管理監督者であるか否かが争点となることは少なくありません。ただし、管理監督者であるといえるかどうかは、単に名目だけで判断すべきではなく、実質的な判断が必要とされています。

仙台の弁護士による残業代請求の無料法律相談 弁護士法人仙台駅前法律事務所 固定残業制に関する会社の反論

具体的には、管理監督者というためには、経営者と一体的な立場であるといえるほど重要な職務と権限を付与されているため、労働時間等の枠を超えて事業活動することがやむを得ないといえ、また、賃金等労働条件について一般労働者に比べて優遇装置が取られているような場合でなければならないと解されています。

管理監督者であることが認められることは、稀であるといってよいでしょう。